ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

省人化、生産性・品質の向上など、ありたい姿と目指すKPIをAI・IoT・各種自動化技術により具体化・施策化し、スマートファクトリーの実現を支援します。

概要

工場内の人/モノ/設備のデータをIoT技術を活用し、収集・分析をすることにより、設備運用業務効率化、生産業務効率化、工場全体にわたる最適化、さらには経営効率の最適化など、さまざまなソリューションを提供します。

画像:工場スマート化エンジニアリングのイメージ

  *
Enewatcherは株式会社日立プラントサービスの日本における登録商標です。

工場スマート化エンジニアリングのイメージ(拡大)

特長

お客さまの生産プロセスを中心としたソリューション提案に加え、建築・付帯設備などを融合させたトータルエンジニアリングをご提供します。

画像:工場スマート化エンジニアリングの特長

生産業務効率化支援 具体策

製造管理に役立つデバイスと包括した管理システムにより、さまざまな管理業務と各プロセスの効率化を促進します。

画像:管理業務効率化のイメージ

*1
MES:Manufacturing Execution System
*2
SOP:Standard Operating Procedures
*3
BCR:Bar Code Reader
*4
SCADA:Supervisory Control And Data Acqusition

管理業務効率化のイメージ(拡大)

設備効率化支援 具体策

クラウド基盤を活用した機器保守・設備管理により、蓄積データの分析・解析から設備の最適運転ナビゲーションを行うことにより、設備の安定稼働、ライフサイクルコストの削減、さらには設備管理の技術伝承にも貢献します。

画像:設備効率化支援のイメージ

*1
AR:Augmented Reality(拡張現実)
*2
HMD:Head Mounted Display

適用分野

  • 製造業(食品、医薬品、ファインケミカルなどの工場全般)
製品の改良により予告なく記載されている仕様が変更になることがあります。