ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

日立プラントサービス独自のナビゲーションサービスをクラウド化することで、誰でも簡単な省エネ運転を可能にします。

概要

日立プラントサービス独自のシミュレーション技術によって、お客さまが収集している稼働データと気象予報データを組み合わせた、最適な設定変更タイミングを演算。
それをお客さまへナビ配信することで、お客さま設備の日々の運転コストの削減や環境負荷の低減を実現します。

特長

サービス概要

お客さまの設備に合わせたバーチャルモデルを構築し、きめ細かな予測シミュレーションを行います。

画像:サービスの概要図

主な機能

見える化機能

エネルギー管理機能

空調、電気など各設備のエネルギーの「見える化」を図り、省エネ活動を支援

遠隔状態可視化機能

設備の稼働状態や測定値を、ウェブブラウザ経由にて表形式で表示するほか、警報の発生・復旧をメールでお知らせ

機器性能評価機能

冷凍機、冷却塔の稼動状態の見える化及び機器の劣化によるロスコストを算出

省エネ運転サポート機能

冷凍機運転ナビ

熱負荷の予測値をもとに、推奨される冷凍機、コージェネレーションと温熱源機器を含む複合熱源の運転計画のナビ

フリークーリングナビ

フリークーリング設備の効率的運用のための運転設定をナビゲーション

冷水温度設定ナビ

熱負荷の予測値と外気条件から、室内の空調環境を保ちつつ省エネとなる冷水温度設定を表示

運用効率化サポート機能

予測性能お知らせ機能

設備機器の性能予測値をもとに、重要設備の推奨される運転状態設定や運転計画をナビゲーション

画面例

見える化機能

画像:見える化機能の画面イメージ

設備の稼働状態や各種測定値を、インターネットブラウザーを経由して表形式で表示

↓

設備管理業務の効率化、省人化
製造環境の情報を部門間、担当者間で共有

省エネ運転サポート機能

画像:省エネ運転サポート機能の画面イメージ

ユーティリティ設備(冷凍機やフリークーリング*1設備)の適切な運転設定を、ナビゲーションでサポート

↓

エネルギーコストの削減
省エネ設備の運用を簡易化して効率アップ

*1
フリークーリング:冷凍機を用いず、外気の冷熱を利用して冷水などを冷却する手法

納入実績紹介

画像:食品工場様:熱源システム消費エネルギーを15%削減(夏期1ヶ月)

適用分野

  • 製造業(食品、化成品、半導体工場など)
  • 商業施設

LUMADA

LUMADAは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。

LUMADA

以下のソリューションは、日立のIoTプラットフォームLUMADAのユースケースに登録しています。

  *
LUMADAは、(株)日立製作所における登録商標です。
製品の改良により予告なく記載されている仕様が変更になることがあります。