ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

タブレット端末やウェアラブルデバイスなどを活用していつでも、どこででも設備や保全作業のリアルタイム情報が確認でき、ニューノーマル時代への働き方の変革を支援します。

概要

遠隔設備管理ソリューションでは、タブレット端末を利用した設備・資産管理の効率化や、ウェアラブルデバイスを利用した保全作業品質の均質化をはかります。データの管理と共有化を促進し、場所や状況に影響されない働き方サポートをします。

特長

ITデバイスを活用して専門エンジニアと現場作業者をリアルタイムでつなぎ、作業を遠隔で支援します。また、場所をえらばず設備の状態確認や承認業務もおこなえます。

画像:遠隔設備管理ソリューションの特長

活用シーン

工場内の設備管理業務の効率向上を熟練技能者や管理者らとの遠隔協働で実現し、収集データ活用で設備運用改善にも繋ぎます。

ニューノーマル時代の工場現場の働き方を変える遠隔設備管理ソリューション

ニューノーマル時代の工場現場の働き方を変える
遠隔設備管理ソリューション

適用分野

  • 製造業(食品、機械、自動車部品、金属、紙・パルプ、電子機器)
  • 社会インフラ(電力、水、交通)
  • 店舗、ビル施設
  • アフターサービス業

関連技術

  *
CYDEEN は(株)日立システムズの登録商標です。
  *
SmartFAM は(株)日立産業制御ソリューションズの登録商標です。
製品の改良により予告なく記載されている仕様が変更になることがあります。