ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

建物全体の省エネルギーを達成するためには、空調・衛生・電気設備全体の省エネルギーが大切です。増加傾向のパッケージ空調や太陽光など自然エネルギーを活用した省エネルギー対策が充実しています。

ビル設備における省エネルギー要素技術と効果

画像:ビル設備における省エネルギー要素技術と効果イメージ

電気設備

電気設備
要素技術 効果
省エネ型照明 高効率化による電力低減
太陽光発電 自然エネルギー利用

電気設備(変圧器向け)

電気設備(変圧器向け)
要素技術 効果
低損失変圧器 高効率化による電力低減

空調設備(空調システム)事務室向け

空調設備(空調システム)事務室向け
要素技術 効果
大温度差空調システム 搬送動力低減
床吹出空調システム 空調負荷低減
外気量制御 空調負荷低減
排気熱回収システム 外気負荷低減

空調設備(空調システム)大空間向け

空調設備(空調システム)大空間向け
要素技術 効果
大空間成層空調システム 空調負荷低減
置換空調システム 空調負荷低減

空調設備(搬送)ポンプ向け

空調設備(搬送)ポンプ向け
要素技術 効果
インバータ付ファン・ポンプ 搬送動力低減
増圧給水ポンプユニット 搬送動力低減

空調設備(熱源)熱源機向け

空調設備(搬送)ポンプ向け
要素技術 効果
氷蓄熱式大温度差空調システム 搬送動力低減
デシカント空調 排熱利用
大温度差吸収式冷温水発生機 搬送動力低減
最適化制御システム 統合効率UP

省エネルギー対策技術・システム

躯体蓄熱パッケージ空調システム
パッケージ空調機に躯体蓄熱を組み合わせることで、パッケージエアコンの使いやすさはそのままで、ピークカットと省エネルギーを実現する空調システムです。