ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

写真:データセンタ(データセンタ向け省エネ局所空調システム「Ref Assist」(レフアシスト)

平成26年度「省エネ大賞」受賞 省エネ大賞受賞マーク画像 株式会社日立製作所は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成26年度「省エネ大賞」の製品・ビジネスモデル部門において、データセンタ―向け局所空調システム「Ref Assist(レフアシスト)」が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。対象製品は天吊片吹型と天吊両吹型です。

豊富な施工実績を基に、データセンタの省エネを多角的にサポートします。

データセンタの省エネ

計画・設計

データセンタ内のインフラ設備を最適化するために、お客さまの現状を把握して、適切な計画・設計をご提案します。

1.「温熱環境診断サービス」
温熱環境診断により、問題点を抽出。適切な空調ソリューションをスピーディに提案します。

運用管理支援ツール

効率的な運用を継続させるために、きめ細かい管理システムでサポートします。

2.エネルギー管理システム「Enewatcher」
Webを利用したエネルギー表示機能により、消費エネルギーを見える化します。エネルギーの無駄を省き、データセンタの省エネ化をトータルサポートします。

省エネ技術

空調システムの消費電力量の最小化を図ります。

3.データセンタ向け省エネ局所空調システム「Ref Assist」
高集積化が進んだデータセンタが抱える空調消費電力の増加や熱だまりの発生、スペース不足などを解決します。
4.電算機用空調機(床吹出空調方式)対応「IT設備連携省電力化ソリューション」
従来のデータセンタ空調システム運転の無駄を省くため、IT機器の稼動状況(予測)を電算機用床吹空調機と連動制御させ適時サーバ室内の空調を省エネ運転させるシステムです。
5.空調省エネ最適化制御システム「OH Saver」
室内の温熱環境を維持したまま、空調システム全体の消費エネルギーが最も低くなるポイント(最適点)で熱源および各種機器の運転を最適化制御します。オブジェクト指向のプログラムで構成された運転シミュレータのため、空調システムの構成が変わっても柔軟な対応が可能です。
6.省エネ熱源システム「クールアシストシステム」
フリークーリングの長期運転と、季節・負荷変動に応じた運転モードの自動切り換えも行い、効率的な省エネを図ります。