ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

お客さまの設備条件を考慮した各種省エネルギー対策をご提案します。

画像:産業設備全体における省エネルギー要素

画像:熱源システム、給排水システム、クリーンルーム空調(設計・運用)、受変電・配電、建築、照明、自然エネルギーの利用

省エネルギー対策技術・システム

省エネ熱源システム「クールアシストシステム」

自然エネルギーを利用したフリークーリングの長期運転と、季節・負荷条件に応じた運転モードの自動切換え機能により、クリーンルームの省エネルギー化を図ります。

空調(外気導入量の抑制)

クリーンルームへの供給空気を処理する際に発生する排気量(=外気量)を低減することによって、省エネルギー化を図ります。

搬送動力の低減

クリーンルームの清浄度を確保するための空気の循環方法を変えることによって、省エネルギー化を図ります。

自然エネルギーの利用(外調機によるフリークーリング)

冬期の低温外気を利用し、冷却を効率的に行うことによって、省エネルギー化を図ります。