ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

お客さまのニーズにあわせ最適なデータセンターへの省エネソリューションをご提案します。

冷媒自然循環を活用したデータセンター向け局所冷却システム「Ref Assist*」

「Ref Assist」は従来の床吹き出し空調に比べて大幅な省エネルギー性、サーバ設置スペース拡大、床下スペースの最小化を実現した空調システムです。

冷媒自然循環システムと、高効率熱源やフリークーリングを組み合わせることで、空調消費電力を大幅に削減 空調消費電力60%DOWN

*1
2004年当時従来床吹き出しパッケージとのリプレース比(当社試算による)(サーバルーム面積51.5m2、ラック数25台、負荷5kW/ラックにて)
*2
電算機用空調機(床置型)と「Ref Assist」(天吊り型)の比較(当社試算による)(サーバルーム面積3,040m2、ラック数 1,200台、負荷5kW/ラックにて)
*3
5階建屋のフリーアクセスフロアを800mmから300mmとした場合(当社試算による)

電気供給設備の最適化をはかりデータセンターを24時間、365日ノンストップでサポート

屋上設置機器変電設備の配置やUPS各階配置、また、受変電、配電の二重化による信頼性の向上にて電気を供給します。

消費エネルギーの"見える化"ツール 「Enewatcher*」

多彩な消費エネルギーグラフにより、消費エネルギーの傾向把握やPUEなどのエネルギー効率を容易に管理することが可能です。

  • ブラウザベースの多彩なグラフ・分析機能を利用可能
  • メール通報機能を利用した電力デマンド監視機能を利用可能
  • エネルギーの消費原単位やPUE・COPといった運転効率を容易に管理
  • 省エネ制御ロジックの組込みにより、一歩進んだ管理システムに拡張可能

(PUE=Power Usage Effectiveness)