ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

エネウォッチャー(Enewatcher)

エネルギー管理システム

通信ネットワークを利用したキメの細かい監視・分析により、エネルギーの無駄を省き、ビル・工場の省エネ化をトータルサポートします。

概要

Enewatcher(エネウォッチャー)は、空調・換気、電気設備など各種設備の消費エネルギーの「見える化」を図り、お客さまの省エネ活動を支援するエネルギー管理システム*です。今まで見えなかった消費エネルギーの傾向が、視覚的、かつ定量的に把握でき、「無駄」や「浪費」の削減に計画性をもって取り組むことができます。

*
消費エネルギーの現状把握・分析・改善を支援するシステム

特長

画像:特長

システム概要

システム構成例

画像:システム構成例

1.消費エネルギーの「見える化」を徹底追求

  1. 見たいメータが容易に探せます。
    エネルギー管理業務に適したメニュー(メータマップ)を採用しており、見たいメータの位置や系統を確認しながらグラフ表示させることができます。
  2. エネルギーの消費傾向が容易に把握できます。
    短期から長期的なデータまで、ビジュアルでわかりやすいグラフを表示することができ、消費傾向を容易に把握できます。
  3. 効率や原単位が容易に把握できます。
    比較表示機能によって、消費エネルギーと熱源の供給熱量を同時に表示することができます。この比率を表示することで、さまざまな期間のCOPを表示・把握することができます。

画像:日報表示例
日報表示例

画像:効率表示例
効率表示例

画像:各種グラフ表示例
各種グラフ表示例

2.Web サーバ機能による「全員参加型の省エネ活動」に対応

同一LANに接続しているパソコンからは、汎用のWebブラウザを用いてEnewatcherのグラフを閲覧できるため、消費エネルギーデータの共有化が図れ、全員参加型の省エネ活動に大きく貢献します。

画像:Web サーバ機能による「全員参加型の省エネ活動」に対応

3.省エネ制御プログラムの組み込み(オプション)により、直接的な省エネ制御が可能

省エネ制御プログラムを組み込めるインターフェースを標準装備しています。これにより、Enewatcherでエネルギーの消費傾向を把握し、削減効果の大きいところから省エネ制御プログラムを適用することができ、効果的に省エネ対策を進めることができます。

画像:省エネ制御プログラムの組み込み(オプション)により、直接的な省エネ制御が可能

4.省エネ分析サービス(オプション)の利用が可能

当社サポートセンターで定期的にエネルギーを収集・分析するEnelyzerサービス(省エネ分析サービス)を利用することができます。本サービスは、Enewatcherに蓄積したデータを、専用回線などを用いて収集し、当社分析専門員が分析・評価・報告を行います。これにより、課題がより正確に把握できるだけでなく、お客さま側の分析・評価作業を軽減できます。

画像:省エネ分析サービス(オプション)の利用が可能

適用分野

  • 工場
  • ビル
  • 病院

その他 さまざまな施設に適用可能です。