ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントサービス

温熱環境診断により、問題点を解決する適切な空調ソリューションを提案します。

概要

サーバーを高密度に集積したラックを多数設置した結果、サーバー冷却用消費電力の増大、熱溜まりによるシステムへの弊害など多くの問題が発生しています。当社の「温熱環境診断」により、省エネルギー化を推進する改善対策をスピーディに立案するとともに、お客さまのデータセンタに合った空調システムをご提案します。

改善提案例

現状設備での改善

[課題]
  • サーバーラック・空調機の適正配置
  • 給気・排気気流の適正化
  • 床吹出し口・排気口の適正配置
  • 適正な空調機吹出し温度の設定 他

省エネ型空調技術のご提案

当社の空調技術を導入することによって、より一層の省エネルギー化を推進します。
  • 省エネ運転制御システム
  • 冷媒循環利用局所冷却ユニット
  • 床冷却ファン/ダンパユニット 他

現地調査例

当社独自開発の簡易計測ツールを使用することにより、温熱環境がその場で把握できます。

画像:簡易計測ツールによる温熱環境調査例
診断用簡易計測ツール

画像:サーバーラックの排気温度状況
サーバーラックの排気温度状況

三次元シミュレーション解析による空調計画立案

診断結果よりデータセンタの現状を把握し、問題点を抽出するとともに、将来のサーバー増設などを考慮してシミュレーションを行います。解析結果に基づいて、空調機器の能力、吹出し方法、設置場所などを選定し、お客さまのデータセンタに合った空調システムを計画します。

画像:対策前と対策後の診断結果比較